導入時のチェック事項

Published / by 管理者

この先、ガチャガチャを導入する場合、設置するスペースの確保や台数の決定は、事前に行なっておきたいところです。それらの事前準備をしておけば、後になってからトラブルが発生するのを未然に防ぐことができます。

店頭設置型の商品では、上下2段式のものが現在の主流ですが、設置する本体の台数は多ければ多いほど、見る人に豪華な印象を与えることができます。とは言うものの、設置スペースの問題もあるので、まずはスペースを確保し、その中に収まる本体の台数をイメージするのもおすすめの方法です。

また、マーケティングの基本的戦略の1つに、ターゲット顧客層を決めるということがあります。ガチャガチャは、子どもがメインターゲットであることは間違いありませんが、最近では、子ども以外の年齢層の顧客にも親しまれています。例えば、ファミレスやおもちゃ屋だけではなく、カフェや漫画喫茶、スポーツショップなど、いろいろなシーンでガチャガチャが利用され、人気を呼んでいるのが現状です。

ガチャガチャの導入に際して、狙い目となる顧客層を決定した後は、その客層にマッチしたカプセルトイを選ぶ段階に入りましょう。例えば、同じ子どもでも、性別によって、適切な景品の種類には違いが生じて来ます。

商品の上手な選び方

Published / by 管理者

店舗に設置するタイプのガチャガチャでは、上下2段式の商品が、現在の主流となっています。また、ガチャガチャを導入するにあたって、ターゲットとなる顧客層の選び方は、非常に重要なチェックポイントとなります。カプセルの中に入れるおもちゃの内容は、ターゲット顧客層によって違いが生じて来ます。

ガチャガチャは、店舗のオーナーが客数を増やすために導入するほか、一般的な消費者が、個人の趣味で所有することも可能になります。それらの使用目的によって、ガチャ本体を購入する際に掛かる費用に違いが生じて来ることとなります。例えば、店頭に設置して、商用に使用する場合、ある程度以上の価格帯の商品を選択する必要があります。一定の価格帯以下の商品には、子どもをターゲットとした紙製の組立てキットのようなものが多くなります。そのような商品は、子どもの工作などには適するものの、商業用途には使用することが難しくなります。

これからガチャガチャを導入しようという場面では、事後のトラブルを避けるために、設置スペースを用意しておくと良いでしょう。また、設置する本体の台数も、チェックポイントとなりますが、やはり事後の問題を回避するため、前もって決めておくことをおすすめします。

ガチャガチャの導入

Published / by 管理者

店舗の経営者にとって、客数を増やすことは切実な問題です。そのように、集客効果を高めるためには、ガチャガチャを導入するという選択肢もあります。ガチャガチャの導入にあたっては、掛かる費用が気になるところです。こちらの問題を解決するためには、費用の相場を理解した上で、自分に合った商品を選ぶことが大切です。ガチャガチャを導入して、すぐに運用を開始するためには、基本的に、本体と空カプセル、カプセルトイ、設置スペースが必要になります。その内、本体を選ぶに際しては、サイズや使用可能なコイン、価格設定の幅、対応するカプセルのサイズがチェックポイントとなります。

市場に出回っているガチャガチャにも、さまざまな価格帯の商品が存在します。これから導入する商品を探すに際しては、それぞれの使用目的にマッチしたものを選ぶことが大切です。例えば、ショップの経営者が集客効果を高めるために導入するのと、一般の消費者が個人的な趣味で購入するのとでは、適切な商品の価格帯にも違いが生じて来ます。ガチャガチャの中でも、ある程度低い価格帯の商品になると、紙でできた組立てキットのようなものが多く、個人の趣味には適しても、商業用に導入することは難しくなります。

当サイトでは、ガチャガチャの導入について、詳しく解説してまいります。この先、店舗の集客効果を高めたり、個人の趣味を持ったりしたいとお考えの方には、チェックしてみることをおすすめします。